社交ダンス⓶サンバ の基礎ステップと専門用語の意味に触れる

ラテン

社交ダンスのパーティでサンバ曲が流れたら、チャチャチャやルンバの様にサッとフロアーで軽く踊りたいと思いませんか?お教室で先生のレッスンを受けている時はサンバも踊れた気がするものですが、いざ練習をする時、サンバのステップに一度つまずくと、フィガーが浮かばず次に進めません。

結局バウンスの練習だけで終わってしまいます。効率よく覚えるなら社交ダンスのサンバにもっと触れること。また、社交ダンスにはダンスの専門用語が有ります、そこでサンバで覚えたい専門用語と意味に触れておきたいと思います。また、「ウイスク」「サンバ・ウォーク・イン・PP」「シャドー・ボタ・フォゴ」のフィガーの説明をいたします。

サンバの覚えたい専門用語と意味。

ノーマルホールド

 お互いが向いあうホールドをします。

フット・ポジションズ

足の位置を指す。

アマウント オブ ターン

各ステップの両足の間で計算られるもので、1つの指針です。実際にフィンガーを踊るときに多少の増減は構わない。

フットワーク

1つのステップをするときに使われる両足のかかとの部分やトゥ、フラットなど、床に対して使われている部分のことを指します。

リード

女子のステップが男子の正反対でないときは、いつでも男子は女子をその位置に導くために必要なものです。

プリシーデス&フォローズ 先行と続行のムーブメント

ウィズ  プレシュアーは 床に対して、圧の力を掛けるの意味

カウントでは S(スロー)  Q(クイック) a(4分の1を表すエンドの省略語)。

バウンスでは A(オルタナティック)  B(ベーシック)の二種。

サンバで使うPart Weight (体重を1部の分だけ乗せる)

体重を支えている足に体重を保って、ステップをボールでとることを意味します。次いで全体重は、次のステップを踏もうとする時、ちょっとの間だけその足にかけられる。


ANALYSIS OF HOLDS AND BODY POSITIONS       

ホールドと体の状態の分類

クローズド・フェンシングポジション(Cd、Fa、P)

正規のホールドで、パートナーと少し離れて向き合う状態

 クローズ・フェンシングポジション(C、Fa、P)

正規のホールドで、パートナーと軽く体を摂取して向き合う状態。

 プロムナード ・ポジション(P、P)

女子の左側が男子の右側に位置してV字型に開いた状態。(視界は同一方向を向いている)

 カウンター・プロムナード・ポジション(C、P、P)

女子の右側が男子の左側で位置しV字型に開いた状態。

ライト・サイド・バイ・サイド・ ポジション(右S、S、P)

女子が男子の右側にあってともに同方向を向いた状態。

 レフト・サイド・バイ・サイド・ポジション(左S、S、P)

女子が男子の右側に位置して、ともに同方向を向いた状態。

 ライト・シャドー・ポジション(右Shadow P)

女子が男子の右側で少し前に位置して、ともに同じ足に体重を置いて、同じ方向を向いた状態で普通、男子の右手は女子の右の肩甲骨に置き、左手で女子の左手を取った状態。



ウイスクス

サンバのウイスクでは、男女ともに前にある足は、少し外またはトゥを前足のヒール近くにつけます。そうすることでヒップがスイングされてリズム感が生まれます。次に、サンバ・ウォークスに入る時は、お互いに少し回転して男性の右腰と女性の左腰が着く位になり,同じ方向を向きます。つまりワルツのウィスクよりも回転が大きくなることが重要なポイントとなります。

ノーマル・ホールドのクローズド・ポジションで踊ります。後ろに交差する。ステップの第2歩、5歩はトゥでとり、ヒールを上げたままです。他のステップは、ボールでとり、すぐにフラットになります。

状態は常に平行に向き合っていること、後に かける第2、5歩の足は、トゥをターンアウト(トゥを外に向ける)することが重要です。

ベーシックムーブメントと同時に軽いバウンス、ムーブメントが途切れないように踊りましょう。

1男子  左足横へ カウントS  女子は 右足横へ カウントS

2 男子 右足を左足ヒールの後ろへつま先を開いて カウントa  女子は 左足を右足ヒールの後ろへつま先を開いて。

3 男子左足に体重を戻す  女子は右足に体重を戻す カウントS

4男子 右足横へ  女子左足横へ カウントS

5男子左足トゥを 右足ヒールの後ろへ 、つま先を開いて。カウントa 

女子右足トゥを左足ヒールの後ろへ、つま先を開いて。

6 男子右足に体重を戻す。女子左足に体重を戻す。  カウントS 

 

サンバ・ウォークス・イン・PP

 

ウィスクからサンバ・ウォーク・イン・PPへの入り方

ウィスクの第5歩で男性は左へ回転すると同時に、両手ではっきりとリードして女性を右へ回転させ、プロムナード・ポジションになって、ウォークに入ります。

サンバのプロムナード・ポジションは、ワルツや単語などのプロムナード・ポジションとは異なり、2人ともヒップを進行方向に向けて踊ります。ただし上体はわずかに内側に向きます。

第1歩でヒップを前にスイング、第3歩でまっすぐになり、少しずつ前に進むように踊ります。バウンス・ムーブメントはほとんどありません。なお第3、6歩目の前方の足は、フラットに保ってください。

1 男子左足前進、PPで(ボール、フラット)女子右足前進、PP(ボール、フラット)カウントS

2 男子右足小さく後退(トゥ) 女子左足小さく後退(トゥ)カウントa

3 男子左足小さくスリップさせて後退。 女子右足小さくスリップさせて後退カウントS

4 男子右足前進、PPで(ボール、フラット) 。女子左足前進、PPで(ボール、フラット)カウントS

5 男子左足小さく後退(トゥ)女子右足小さく後退(トゥ)カウントa

6 男子右足小さくスリップさせて後退。女子左足小さくスリップさせて後退。カウントS

シャドー・ボタ・フォゴス

シャドー・ボタ・フォゴスはプロムナード・ポジションで、男女が共にボタ・フォゴを踊りながら、右から左に、左から右に入れ替わるステップです。

上級者はこのフィガーを加えて、いろいろに変化させて踊ります。

1 男子左足前進、左へ回転を始める。女子右足前進、右へ回転を始める。カウントS

2 男子右足、体重は1部分で横へ、左へ回転を継続。女子左足、体重は1部分で右へ、1回転する。カウントa

3 男子左足に体重を戻す、1から3で左へ回転。女子右足に体重を戻す、左へ回転継続、1から3で左へ1/4回転。

4 男子右足前進、右へ回転を始める。女子左足前進、左へ回転を始める。カウントS

5 男子左足、体重は1部分乗せで横へ、右へ回転継続。女子右足、体重は1部分乗せで横へ、左へ回転継続。カウントa

6 男子右足に体重を戻す、4から6で右へ1/4回転。女子左足に体重を戻す、4から6で左へ1/4回転。カウントS

入り方サイド・サンバ・ウォークやクリス・クロスから入ります。

続け方簡単な終わり方は、女性が最後のターンで、¼回転して男子と向き合うか、または男子が7歩から9歩までサンバ・ウォークを踊っている間に、女性が次のボルタ・スポット・ターンで右左右と右へ¾回転して向き合うかのどちらかです。

ここから「ベーシック・ムーブメント」「ウィスク」「トラベリング・ボルタ」などに続けます。

 

まとめ

  専門用語に馴染むと、ステップを思い出すことも容易です、簡単なフィガーで、繰り返して、サンバ曲のリズムに乗り、社交ダンスのサンバも楽しんでくださいませ。

最後までお読みいただき、有難う御座いました。


 

タイトルとURLをコピーしました